2020年9月、脚本家・演出家の田村孝裕(劇団「ONEOR8」主宰)が手掛ける新作の舞台『時子さんのトキ』の上演が決定した。

本作は、ONEOR8『ゼブラ』、『誕生の日」(作・演出)東宝『雪まろげ』(作・演出)、エイベックス『不機嫌な女神たちプラス1』(演出)など手掛けてきた田村孝裕の新作書き下ろし舞台。主演に「20世紀最後の正統派アイドル」として人気を博し、今年で歌手デビュー30周年を迎え、女優としても活躍する高橋由美子。離婚後、旦那、息子と離れて一人で暮らしている時子役を演じる。そして、時子の心の隙間を埋める路上ミュージシャン翔真役に、舞台から映画と幅広く活躍する鈴木拡樹。その他、スナック仲間、NPO職員など、時子たちを取り巻く様々な人物を、芸人としてだけでなく俳優としても活躍する「カラテカ」の矢部太郎、劇団「拙者ムニエル」に所属しテレビ朝日ドラマ『おっさんずラブ』等の話題ドラマへの出演で個性が光る伊藤修子、劇団「ONEOR8」に属し多数の作品に出演する山口森広、ミュージカル『アニー』アニー役に抜擢され以降ミュージカルから芝居まで幅広い活躍を見せる豊原江理佳らが演じる。
舞台『時子さんのトキ』は、2020年9月11日(金)〜9月21日(月祝)東京・よみうり大手町ホール、2020年9月26日(土)〜9月27日(日)大阪・サンケイホールブリーゼにて上演。なお、チケット先行受付の詳細は、後日発表となる。

上演にあたってのコメント

◆高橋由美子
また舞台に立てる事を嬉しく思っています。いい作品になる様にカンパニー一丸となってお稽古に励みます。是非ご覧ください。

鈴木拡樹
今回、翔真/登喜役で出演させていただくことになりました、鈴木拡樹です。
今作は人から中々受け入れてもらえない愛の形を描くと思うので、いろいろな人に何か響くように描いていきたいと思います。劇場で皆様のご来場をお待ちしております。

田村孝裕(作・演出)
今、積極的に「劇場にお越しください」とは申し上げられません。
ですが、こんなトキだからこそ、私を演劇に導いてくださった故・金杉忠男先生の言葉を引用させていただきます。
「淋しかったらふらりとおいで。決して只では帰さない」

ストーリー

それでもいいと思ってた。幸せだったから。
離婚後、疎遠になってしまった息子に重なる路上シンガーの男・翔真。私(時子)は、この男に多額のお金を貸している。これまで感じてきた心の隙間、寂しさを全部、翔真が埋めてくれている。ある日、NPO団体を名乗る柏木という男が店へとやってくると、翔真のことについて私にいくつか質問をしてきた。そして、「翔真という男に騙されているんじゃありませんか?」翔真に貸したお金は、2000万を超えている。でも、あくまで“貸しているお金”だ。ばか。
この無礼極まりない柏木の登場で、私の人生は大きく狂っていった…。

田村孝裕(作・演出)

田村孝裕(作・演出)

鈴木拡樹

鈴木拡樹

矢部太郎

矢部太郎

伊藤修子

伊藤修子

山口森広

山口森広

豊原江理佳

豊原江理佳