1985年に宗田理により書き下ろされた「ぼくらの七日間戦争」(角川文庫・角川つばさ文庫 刊)。当時の中高生を中心に熱狂を生み、累計発行部数2000万部を突破し、瞬く間にベストセラーとなった小説だ。1988年に実写映画化され、2019年冬にはアニメ化、そしてついに2020年に初舞台化されることが決定した。

本作は、大人による管理教育に反抗した主人公たちが廃工場に立てこもり、爽快な逆襲劇を繰り広げるストーリー。思いがけず起こる事件や難題に立ち向かう子どもたちの勇気と知恵と行動力も本作の魅力の一つで、主人公たちの成長を目の当たりにし、観るもの全てに、青春時代に胸を熱くした思いを蘇らせる名作だ。

舞台版の主役となる菊地英治役は、映画・ドラマ・舞台での活躍が目覚ましい馬場良馬。さらに柿沼直樹役にはSUPER★DRAGONのメンバーとして注目の志村玲於をはじめ、松本岳、友常勇気、秋葉友佑ら、物語の軸となる“ぼくら”は若手ながらも舞台経験豊富なキャストが出演する。

また、“ぼくら”の中でヒロインとなる中山ひとみ役は、AKB48で活躍中の濵咲友菜が演じ、その他、劇団4ドル50セントの國森桜が出演するなど、作品に華を添える女性陣にも注目だ。そして、“大人役”は、志村演じる柿沼直樹の母親役に遠山景織子、“ぼくら”の最大の味方となる老人役に石橋保、“ぼくら”の通う学校の教頭役に酒井敏也と実力派が集結する。

公演日程は、2020年9月11日(金)〜9月20日(日)まで、新型コロナウイルス感染拡大防止対策を行った上で、国や都のガイドラインに基づき、客席を半数にしてかめありリリオホールにて上演予定となっている。