7月3日(金)から16日(木)まで東京・丸の内TOEIで、映画『楢山節考』と『武士道残酷物語』が上映されることが決定した。
『楢山節考』は、今村昌平監督が東映と今村プロダクション提携作品として製作した作品。中央公論新人賞を受賞した深沢七郎氏の同名短編小説を原作に、信州の山深い寒村で七十歳を目前にした老女が息子に背負われて楢山に捨てられに行くまでを描いた映画だ。長野県北安曇郡小谷村の山間の廃村にオープンセットを組み、一年間にわたって撮影。緒形拳が親を捨てる主人公・辰平、坂本スミ子がヒロインのおりん婆さんをそれぞれ演じている。1983年の公開当時は10億5,000万円の配給収入をあげ、第36回カンヌ国際映画祭で最高賞であるパルム・ドールに選出された。

映画『楢山節考』 (C)東映

映画『楢山節考』 (C)東映

『武士道残酷物語』は、南條範夫氏の小説『被虐の系譜』(講談社刊)を原作に、戦国時代から現代まで、7代にわたって封建社会の非情さに虐げられる血筋の物語を描いた作品。今井正監督がメガホンをとり、主演の中村錦之助(初代)がひとりで7役を演した。1963年公開当時、2億7,500万円の配給収入をあげ、第13回ベルリン国際映画祭では金熊賞を受賞している。

(C)東映

(C)東映

(C)東映

(C)東映

なお、丸の内 TOEIでは、2作品のデジタル上映にあわせ、劇場ロビーにて両作品のトロフィーが展示される。

(C)東映

(C)東映