音楽シーンやアート・シーン史上最大のカップルといえる、ジョン・レノンとオノ・ヨーコ。

この最もクリエイティブなカップルの軌跡を、彼ら自身の言葉や作品で辿る画期的なエキシビションが東京で開催されるとのことだ。

展覧会“DOUBLE FANTASY - John & Yoko”の東京展は、ジョンの80回目の誕生日である2020年10月9日からスタートし、2021年1月11日までソニーミュージック六本木ミュージアムで開催される。
この“DOUBLE FANTASY - John & Yoko”は、ジョンの故郷であるイギリスのリバプール博物館で2018年5月から2019年11月まで開催されたもので、”ジョンの故郷であるリバプールのために”とヨーコ自身も深く関って完成させたこの展覧会は、その圧倒的な内容で高い評価と反響を呼び、会期も当初の予定から7ヵ月も延長され、異例の70万人を動員するまでに至った。

 

展覧会は時系列順に展開され、前衛芸術界を牽引する一人の芸術家ヨーコと、世界的ロック・スタージョン、という二人の天才の誕生から、ロンドン・インディカ・ギャラリーでの運命的出会いを経て、その後互いに影響を与えあったアーティスト活動全般をたどる内容となっており、ジョンとヨーコが生み出したアート、音楽や映像作品とともに、ヨーコ自身のプライベート・コレクションからの貴重な品々を含めた100点以上を展示される。

今年はジョン・レノン生誕80年、そして没後40年となるこの節目。その年に、ヨーコの故郷である東京での開催が実現する。