2020年8月19日(水)〜8月23日(日)東京芸術劇場シアターウエストにて、『知恵と希望と極悪キノコ』を上演することが発表された。

本公演は、多数の舞台作品の制作を手掛ける「ものづくり計画」と俳優・脚本家・演出家である大浜直樹の、記念すべき10度目のタッグとなる作品。人情喜劇を得意とする大浜が、自ら主宰する劇団LIVESで2度上演した自信作でもある。

物語の舞台は映画の撮影現場。俳優生活最後の撮影に臨もうとする売れない俳優を軸にした、希望に満ちた人情喜劇だ。

主人公の“戦闘員A”役を演じることになった男には、宇宙Sixのメンバーとして活躍する江田剛。共演にはBerryz工房の須藤茉麻、藤江れいな、小川優(ジャニーズJr.)、藤田奈那、円地晶子、雑賀克郎、と実力派の俳優陣が固める。

さらに大浜演出2度目となる野村宏伸が、かつて一世を風靡したものの今は冴えない中年俳優を演じる。

【あらすじ】
映画の撮影現場。
一人の売れない俳優が最後の撮影に臨もうとしていた。
未練が無いと言えば嘘だった。
だが、端役ながらもやり甲斐のある役を貰い、俳優人生の集大成として、
この日、与えられた役を精一杯、誠心誠意演じて、新しい人生に向かって踏み出すつもりだった。
役名は、『戦闘員A』。
だが、現場に集ったのは曲者ばかり。
かつてアイドルとして一世を風靡したものの今は冴えない中年俳優、
昼ドラでブレイクしたものの今は落ち目の中年女優、
そして、男の共演者である戦闘員BCDEは、全員バイト生活の売れない俳優。
戦闘員Fに至っては、定年退職後シニア俳優として活動し始めたというド素人。
誰もがその現場に掛けていた。
誰もがその映画に夢を見ていた。
それぞれの夢が交錯した時、現場に混乱が生じ、やがて騒動となり、男の俳優生活最後のささやかな夢
を、徐々にぶち壊して行く。
果たして男は俳優として完全燃焼する事が出来るのか!