2020年7月8日(水)〜7月12日(日) 新宿村LIVEにおいて、Alexandrite Stage Produce舞台『Three Kingdoms〜呉国編〜』が上演される。本公演は、1年に渡るプロジェクト、舞台「Three  Kingdoms 2020」のシリーズ第2弾で、新宿村LIVEの自粛明け最初の有観客公演となる。

「Three Kingdoms 2020」は、俳優の野口大輔が代表を務めるAlexandrite Stageプロデュースによるプロジェクト。本シリーズでは三国志の栄枯盛衰を1年かけて描き出す。シリーズ開幕第1弾の「蜀国編」に続き「呉国編」では、“時”に重きを置いた呉を軸にしたストーリーが展開。中国歴代王朝に受け継がれてきた伝国璽(でんこくじ)を巡る孫一族の栄枯盛衰を色濃く描く。

江東の虎と恐れられた孫堅役を宮原奨伍が、その息子で江東の小覇王と称された孫策役を足立英昭が務める。呉国軍師の周瑜役を元宝塚歌劇団宙組の愛花ちさき、絶世の美女と名高い小喬役をAKB48チームAの元メンバー片山陽加が演じ、作品に華を添える。

そして演出の野口と孫堅役の宮原と共に、オハヨウ劇場40分に出演する張昭役の大力、黄蓋役の森田和正らが安定した芝居で脇を固める。

公演は一部Wキャストで実施され、感染予防対策として、舞台面から客席1列目までを約3m離すと共に、総客席数を63%減の83席に設定。客席1席につき前後交互を空けて配置され、劇場入口で検温とアルコール消毒を実施。希望者にはフェイスシールドも配られる。

なお、8月5日(水)から10日(月)まで東京・CBGKシブゲキ!!にて公演を予定している『Three Kingdoms〜魏国編〜』は、状況に鑑みて上演形態が検討される。

野口大輔コメント

自粛明け間も無いタイミングで、蜀国編を上演させて頂きました。ステップ3に緩和された事で街に人も増え、演劇界隈も少しずつ解禁が始まっています。ただコロナウイルス(COVID-19)が終息したわけではないので、今回は更に厳しい条件を自らに課し劇場側と協議した上で上演を決めました。

我々もですが公演を行う団体には、お客様や出演者の健康もさることながら、演劇界の今後もかかっています。各々が改めて責任を持って取り組んでいかなければと考えています。こうした感染予防対策がこれから上演を予定している他団体の一つの指針となれれば幸いです。