高槻市は、住むまちとしての魅力を若い世代に向けて発信するため、アニメーションでPR映像を制作することを発表した。

大阪府の北摂三島地域に位置する高槻市は20〜30代の若い世代向けに、高槻市の魅力をPRする定住促進プロモーションに力を入れている。その一環として「住むまちとしての高槻」の魅力を伝えるPRアニメ映像を制作中。福山潤と竹達彩奈を出演声優として起用した。

キャラクターデザイン

登場人物:タカシ CV:福山潤


高槻生まれ高槻育ち。結婚2年目で、カツキと高槻市で2人暮らし。気になったことは調べないと気が済まないマメな性格。歴史好きで趣味は寺社仏閣巡り。

登場人物:カツキ CV:竹達彩奈


京都生まれで結婚してから高槻市に住む。小さいことは気にしない活発な性格。食べることが大好きで趣味は旅行、食べ歩き。

高槻市の定住促進プロモーションは、「一人一人の生活に、 一つ一つの価値を与える高槻」を表現した「MY LIFE,MORE LIFE.」をキャッチコピーにかかげている。今回のアニメーションによるPR映像制作は株式会社ポニーキャニオンが企画し、若い世代へエンターテイメントの切り口から高槻市の魅力を伝えていくのが狙い。

完成したアニメは11月中旬〜12月頃、高槻市定住促進HP「たかつきウェルカムサイト」やYouTube広告などで配信予定。さらに出演声優へのインタビューや高槻市公式インスタグラムのコラボ企画を計画中。 詳細は今後高槻市ホームページなどで随時告知を行うとのことで、今後の展開に注目したい。