現在放送中のNHK連続テレビ小説『エール』の佐藤久志役や、今年の夏の大ヒットドラマ『私たちはどうかしている』(日本テレビ系) で多喜川薫役を熱演するなど、今年もドラマ・映画・ミュージカル・ラジオで活躍中の山崎育三郎。 

山崎は、2020年12月2日(水)にニューシングル「君に伝えたいこと」を発売するが、10月31日(土)に放送される自身のレギュラー番組、ニッポン放送『山崎育三郎のI AM 1936』で、CD音源をフル尺で解禁し、また同日のNHK『SONGS』で、歌唱を初披露する。

この曲の作詞・作曲を手掛けたのは森山直太朗。『エール』のメイク室での会話をきっかけに、森山と山崎が意気投合し、森山が山崎に楽曲提供したもの。大切なものへの決別と 感謝を伝える、珠玉のバラードとなっているようだ。

「エール」に佐藤久志役として出演する山崎と、その先生で藤堂清晴役の森山。大切なものを失い、前に進めない自分がいて、それでもその別れを受け入れ、感謝と共に前に進んでいく姿を歌った「君に伝えたいこと」。それが、劇中の久志と、亡くなった藤堂先生との描写に重なったと、山崎は言う。

またカップリング曲には、『エール』のモデルとなった古関裕而氏が作曲した「栄冠は君に輝く」が収録されるが、演奏は、同氏の母校である福島県立福島商業高等学校吹奏楽部の生徒達が担当している。またこの曲には、福島大学附属小学校の生徒や、森山もコーラスで参加している。

なお11月7日(土)に、日本武道館にて行われる『山崎育三郎 THIS IS IKU 日本武道館』には、ゲストに森山も迎えるということで、二人の歌声や掛け合いが楽しみに待たれる。