TVアニメ『SHOW BY ROCK!! ましゅまいれっしゅ!!』から誕生したバンド、”Mashumairesh!!”が2020年4月26日に予定していた『Mashumairesh!! みんな集まれ!レッツ!フレッシュ!ニューフェイス!in UNZ』の振替公演が、1月10日(日)新宿文化センター 大ホールで行われた。感染症対策を施した上で開催されたイベントの夜の部のオフィシャルレポートが到着した。

Mashumairesh!! 1年ぶりの有観客イベントにキャストも笑顔

開演前の影ナレでは、Mashumairesh!!のメンバーが、感染拡大防止ガイドラインをふまえたライブの注意事項をしっかりと読み上げていく。その中で、「ショウバイロッカーさん(=ファン)と一緒のイベントとしては、2019年11月24日に開催した『3969 GRATEFUL ROCK FESTIVAL』以来」という言葉もあったが、Mashumairesh!!にとって、約1年ぶりの有観客でのイベントとなる。それだけに、ステージに登場したMashumairesh!!のほわん役の遠野ひかる、マシマヒメコ役の夏吉ゆうこ、デルミン役の和多田美咲、ルフユ役の山根綺の表情は、会えた喜びにあふれていた。

TVアニメ『SHOW BY ROCK!! STARS!!』キービジュアル (C)2012,2020 SANRIO CO.,LTD. SHOWBYROCK!!製作委員会M

TVアニメ『SHOW BY ROCK!! STARS!!』キービジュアル (C)2012,2020 SANRIO CO.,LTD. SHOWBYROCK!!製作委員会M

そして、オープニングのフリートークでは、さっそく1月からスタートしたTVアニメ『SHOW BY ROCK!! STARS!!』の話題に。1話からMashumairesh!!が収監されるという衝撃展開だったのだが、そのことを楽しそうに話していたのが微笑ましかった。

イベント最初の企画は「キャラクターABKB(アベコベ)生アテレコ!」という、クジで、キャラクターの配役を自分のキャラクター以外のものにしてアテレコを行うコーナー。1本目は、バンド名がMashumairesh!!に決まるシーン(『SHOW BY ROCK!! ましゅまいれっしゅ!!』第6話)。これは、バンドメンバー内でのシャッフルだったので、それぞれが各キャラクターの声マネをしたりと特徴を捉えていて、なかなかのクオリティだったのだが、2本目のお題がDOKONJOFINGERとシンガンクリムゾンズがカーリング対決をするシーン(第7話)となり、ステージがざわつく……。4人で8人の男性キャラクターを演じなければいけない上に、熱血ギャグシーンだったので、4人共とにかく熱いテンションで、混乱しながらアテレコをしているのが、とても面白かった。

続いてのコーナーは「ましゅましゅ!!でカラオケ行ってみた」。4人でカラオケに来た体で、『SHOW BY ROCK!!』シリーズの好きな曲を歌っていくというもの。カラオケなので、1人が歌っているとき、他の3人はソファに座ってコーラスや合いの手を入れたり、ペンライトを振ったり、ファンと気持ちをひとつにして盛り上げていた。

夜の部の2巡目では、4人共激しめの曲をセレクト。遠野が「手裏修羅雷」(忍迅雷音)で会場を真っ赤に染めると、山根が「夜だからダークネスな曲を!」と言って「オヤスミパラノイア」(BUD VIRGIN LOGIC)を、和多田が「移動手段はバイクです」(DOKONJOFINGER)を熱唱! 最後は夏吉が、「黎明ニ咲ケ」(徒然なる操り霧幻庵)で、魂のこもった歌声を響かせていた。ファンも声が出せないものの、歌い終わったあとには力強い拍手で、楽しんでいることを伝えていたのが印象的だった。

バンドのライブタイムは圧巻の轟音

カラオケをたっぷり楽しんだあとは、いよいよバンドでのライブへ。転換の時間は、メンバーが東京ジョイポリスでメイプル社長とマスターからの無茶振りミッションにチャレンジする映像を上映。昼の部ではミッション失敗に終わったが、夜の部は無事ミッション成功! ご褒美は会場で発表します!と勿体つけたところで、4人がステージに戻り、それぞれの楽器を手にスタンバイをする。

4人で一斉に音を出すと、遠野が「お待たせしました! Mashumairesh!!です。最後まで楽しんでいきましょう!」と言って、TVアニメ『SHOW BY ROCK!!ましゅまいれっしゅ!!』のEDテーマ「キミのラプソディー」をぶちかます。昨年9月にオンラインで行われた『SHOW BY ROCK!! 3969 Festival 2020』よりもバンドの演奏力が格段にアップ! 迫力あるサウンドと歌声を会場の隅々まで轟かせていく。さらにギターのアルペジオのイントロが印象的なOPテーマ「ヒロメネス」へ。こちらも凄まじい音圧で、Mashumairesh!!のカッコ良さが炸裂していた。何よりバンドを楽しんでいるメンバーの表情が美しい。

声を出せない中、一緒に盛り上がるために、演奏しながらも手を左右に振ることを促したり、この2曲だけで、4人がどれだけこのライブに懸けていたのか、そして練習をどれだけ重ねてきたのかが伝わってきた。そして最後にもう1曲「私たちが初めてバンドで演奏した曲であり、アニメでも大事な大事な1曲です。エール受け取ってくれますか?」と叫んで「エールアンドレスポンス」を歌う。大切な仲間に出会えた喜び、そして見たこともない未来へ突き進む強い気持ちを、音に乗せてぶつけた4人には、大きな大きな拍手が贈られた。

最後は、4人からファンへメッセージが贈られる。

Mashumairesh!! (C)2012,2020 SANRIO CO.,LTD. SHOWBYROCK!!製作委員会M

Mashumairesh!! (C)2012,2020 SANRIO CO.,LTD. SHOWBYROCK!!製作委員会M

「去年から練習していたけど、もしかしたらできないかもしれないと、いろいろなことを考えました。でも今日、開催できたことをありがたく思っています。まだまだライブはありますので、またお会いできることを楽しみに、これから練習も頑張りますので、また来てください」と山根が涙を流しながら伝えると、「今日4人で立てて良かったです。そして、みなさんの楽しそうな笑顔を見れたのがうれしかったです。まだ今年がどうなるか分からないですけど、こうやって少しでも音楽をお届けできるように日々腕を磨いていきたいです。イベントでたくさん使ってくれた手と頷きの首。今日は労って休めてください」と涙を堪えながら和多田が伝える。

そして夏吉は、「私たちは今日という日が来ることを信じて、ギターやベースやドラムをいっぱい練習していました。もしかしたら中止になるかもしれない中、練習し続けることができたのは、みなさんが延期になっても来たいと思って、チケットを大切に持っていてくれていると分かっていたからです。だから今日までに、すでにみなさんからの愛はたくさんもらっていました。本当にありがとうございます! みなさんのことがさらに大好きになりました!」と伝えると、最後は遠野が涙を浮かべながら、「こんな大きなステージに立てるのかどうか、不安でしたが、たくさんの人が温かく応援してくださって幸せです。ましゅましゅのみんなが大好きだから、本当はもっといろいろやりたいし、もっと大きいステージを目指したいと思っています。今日来てくださったみなさん、残念ながら来られなかったという方もいらっしゃると思います。その人たちに恩返しするときまで頑張り続けますので、引き続き『SHOW BY ROCK』、そしてMashumairesh!!の応援をよろしくお願いします!」と熱い想いを伝える。

 3月7日にオンラインライブ『SHOW BY ROCK!! 3969 Festival 2021〜祭!!〜』の開催など、数々のインフォメーションも発表となり、映像でのミッションクリアのご褒美で、メンバーの念願だったラジオ番組『SHOW BY ROCK!! STARS!! ましゅラジ♪』のスタート(初回の配信は1月20日から)も決まったということで、これからもMashumairesh!!と触れ合う機会は多くなりそうだ。まだまだ走り続けるMashumairesh!!のこれからが、楽しみでならない。