華原朋美 馬術で国内大会制し号泣「絶対に優勝したくて…」

華原朋美 馬術で国内大会制し号泣「絶対に優勝したくて…」

 歌手の華原朋美(42)が、昨年開催の馬術大会「ジャパンオープン」で優勝を果たし、3月23日から静岡県掛川市で行われる「国際馬術大会in掛川」の出場権を獲得した。14日に放送されたTBS「炎の体育会TV」(土曜後6・55)で明かされた。

 華原は3歳から乗馬を始め、高校時代に国体4位の成績を残した実力者。同番組の企画で昨年23年ぶりに競技を再開し、5月のJRAホースショーで12位の結果を残した。ジャパンオープンは民間主催ながら、全国で年間10回開催されるトップレベルの大会。華原は10月15日の大会に出場し、飛び越えた障害の高さに応じ点数が入る「トップスコア」という種目に出場。国体優勝経験者や全日本チャンピオンと渡り合い、頂点をつかんだ。

 時には週5回のハードトレーニングをこなしただけに、VTRをスタジオで見て華原は「本当奇跡で。たぶんもう無理だなって気持ちはあって。だけど絶対に優勝したくて。練習でミスばっかりで、人生もミスばっかりで…」と号泣した。

 3月の国際大会には五輪でメダルを獲得できるレベルの外国人選手も参加予定。「馬中心の生活で、命をかけて一生懸命頑張りたいと思います」と意気込んだ。

ニュースをもっと見る
スポニチアネックスの他の記事もみる

エンタメの主要なニュース

エンタメのニュース一覧へ

09時56分更新

エンタメのニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

記事検索