入団6年目のホープ飛龍つかさ 新人公演で初主演「最初のライトがまぶしくて…」

入団6年目のホープ飛龍つかさ 新人公演で初主演「最初のライトがまぶしくて…」

 宝塚歌劇団花組公演「邪馬台国の風」の新人公演が20日、兵庫・宝塚大劇場で行われ入団6年目のホープ、飛龍(ひりゅう)つかさが初主演を果たした。

 女王ヒミコに恋い焦がれながら、国を守るため戦い抜く青年の物語。登場の場面からまぶしいほどのスポットライトの中、いきなり主題歌をろうろうと歌い上げた飛龍は、その後も堂々とした演技と歌唱力で客席を魅了。身長1メートル71と、最近の男役では決して恵まれた体格ではないが、それ以上に華やかさが舞台に映えた。

 カーテンコールでは「まだまだ課題は山積みですが、私もこの作品のように人と人とのつながりを大切に、これからも舞台を務めたいと思うようになりました」とあいさつ。終演後には「最初のライトがまぶしくて、そんな経験したことがないので、うれしい気持ちが湧いてきてプロローグのナンバーで役と自分がリンクできたような気がします」と手応えを口にし「今、感じている気持ちと責任を大切にずっと生かしていきたい」とさらなる精進を誓った。

 さらに入団4年目の華優希(はな・ゆうき)が初ヒロインで女王ヒミコを熱演。「最初の場面は緊張で体がグラグラしてしまって…」と初々しく振り返っていた。

スポニチアネックスの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

エンタメのニュースランキング

ランキングの続きを見る

エンタメの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索