山崎賢人、日曜劇場で池井戸作品に初挑戦 役所広司の息子役

山崎賢人、日曜劇場で池井戸作品に初挑戦 役所広司の息子役

 俳優の山崎賢人(22)が、10月スタートのTBSドラマ「陸王」(日曜後9・00)に出演する。零細企業の感動再生物語で、主演の役所広司(61)の息子を演じる。

 原作は「半沢直樹」の池井戸潤氏の小説で、山崎は同氏作品に初挑戦。業績低迷の老舗足袋製造業者「こはぜ屋」が、会社存続を懸けてランニングシューズ開発に取り組む物語。山崎は4代目社長・宮沢紘一(役所)の長男・大地役。就職活動に失敗し、こはぜ屋を手伝いながら、人間として成長していく役柄だ。山崎は「伝統を背負いながら挑戦をやめない親父の背中からいろんなものを感じて、大地として生きていきたい」と話している。

 「足袋の町」として知られる埼玉県行田市が舞台。撮影も同市を中心に行われる予定で、役所を描いた田んぼアートも完成した。

スポニチアネックスの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

エンタメのニュースランキング

ランキングの続きを見る

エンタメの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索