土屋太鳳 あこがれの黒木瞳アドバイスに最敬礼「勉強になります」

土屋太鳳 あこがれの黒木瞳アドバイスに最敬礼「勉強になります」

 女優の土屋太鳳(22)と黒木瞳(56)が12日、声優を務めた仏・カナダ合作のアニメ映画「フェリシーと夢のトウシューズ」が封切られた東京・新宿ピカデリーで初日舞台あいさつを行った。

 土屋がバレリーナになってパリ・オペラ座の舞台に立つことを夢見る少女フェリシー、黒木がその指導に当たるオデットの吹き替えを担当。アフレコは別々に行ったため2人はこの日が初対面で、土屋は「あこがれの方なので、ちょっと緊張していたけれど、楽しもうねと言ってくださって心が明るくなりました。素敵すぎて胸がいっぱいです」と感激の面持ちだ。

 対する黒木は、「フェリシーは私の特訓のおかげでオペラ座のステージに立つことができたわけだから、初めての気がしない。親近感があります」と笑顔。特訓をテーマにしたトークでは、「宝塚で初めて役がついた時、動きながらセリフを言う特訓を2週間くらい、毎日何時間もやっていた。違和感なく動くことができるようになり、今思えばすごくいい特訓だった」と明かした。

 真剣な表情で聞いていた土屋は、「ちょうど悩んでいたので、勉強になります。あらためて、女性としても女優としても黒木さんのような素敵な大人になりたいと思いました」と最敬礼。黒木は、「重いがあったらきっとかなうわよ。私もますます頑張らなくちゃ」とエールを送っていた。

スポニチアネックスの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

エンタメのニュースランキング

ランキングの続きを見る

エンタメの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索