横山だいすけ、本田紗来と「幸せ」生歌唱 得意の変顔披露に大歓声

 NHK・Eテレの11代目「うたのおにいさん」だった横山だいすけ(34)が13日、都内で映画「くまのがっこう&ふうせんいぬティニー」(25日公開)の完成披露試写会に出席。主題歌「さよならだよ、ミスター」をイベント初歌唱した。

 同曲のコーラスを務める人気子役の本田紗来(10)と共に登場し、「本番始まるまで紗来ちゃんと緊張してたんですが、幸せな気持ちになりながら歌うことができました」と笑顔。このうれしさを得意の変顔で表し、小さな子供とお母さんたちの大声援を浴びた。

 初のソロナンバーとなった同曲について聞かれると「4月にうたのおにいさんを卒業して、これからどういうチャレンジをしていこうかと思ってた時に、このお話をいただいてびっくりとうれしさがあった」と振り返った。楽曲については「元気な歌がくるんだろうなと思ってたが大人っぽい歌がきたかと思った。新しいチャレンジだなと思いながら、みなさんと一緒に作っていけたので、とても幸せでした」と語った。「子供たちにとってはサビが口ずさみやすい。大人の方には詞の温かさ、優しさを感じてもらいたい」とアピールした。

 同映画については「僕も結婚して子供ができたら、一緒に見たい。そんな素敵な作品です」と話していた。

  イベントにはいきものがかりの水野良樹(34)、蛯原英里(37)、原作のあいはらひろゆき氏、川村元気氏も出席した。

スポニチアネックスの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

エンタメのニュースランキング

ランキングの続きを見る

エンタメの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索