小出恵介代役に大谷亮平 降板映画撮り直し、公開は来年初夏に

小出恵介代役に大谷亮平 降板映画撮り直し、公開は来年初夏に

 俳優の小出恵介(33)が17歳少女との飲酒・淫行騒動で無期限活動停止となり降板した映画「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」(監督李闘士男)の代役に大谷亮平(37)が決まったと13日、配給のKADOKAWAが発表した。

 榮倉奈々(29)と安田顕(43)が夫婦を演じるラブコメディーで、小出は夫の後輩役で撮影を終えていた。来月から大谷が参加して必要な部分を撮り直すという。公開は来年春予定だったが初夏に変更。

スポニチアネックスの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索