ピコ太郎 今年1年は夢の中にいるようで、意味が分からない年だった」

ピコ太郎 今年1年は夢の中にいるようで、意味が分からない年だった」

 謎のシンガー・ソングライターのピコ太郎(自称54)と元AKB48の女優川栄李奈(22)が7日、東京・南青山のエイベックス本社前でクリスマスツリーの点灯式を行った。

 トナカイ風の衣装で登場したピコ太郎は高さ12メートルの巨大ツリーを見上げ「鯖(サバ)ではなくエイベックスのブルーがきれい」と“絶口調”。サンタ風ワンピース姿の川栄は「はやりのインスタ映えしそう」と流行語を使ってPRした。

 ピコ太郎は今年1年を振り返り「サマーソニックに出て、国連本部に行って、ウガンダを訪れて、トランプに会った。夢の中にいるようで、意味が分からない年だった」と感想を語った。

 20年東京五輪に向けて、ロシアのプーチン大統領に会うのが次なる目標という。「プーチンと私と安倍さんとトランプで“PPAP”を組みたい」と、3人の頭文字とトランプの最後の文字を組み合わせた豪華ユニット構想をぶち上げた。

スポニチアネックスの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索