渋谷すばる 関ジャニ脱退の背景 「アイドルは短命」ジャニーズが打ち破ったからこそ生まれた葛藤

 【記者の目】36歳で新たな道を歩むことを決めた渋谷。本人もジャニーズ事務所に入った時は、40歳近くまでアイドルを続けるとは思ってもいなかっただろう。

 それが今はアイドル長寿化の時代。40代、50代になってもアイドルグループの一員として生き、歌、演技、バラエティー、トークをマルチにこなすことが求められる。人生の折り返し地点が近づく中、そんな未来に葛藤を抱き、自分の夢を突き詰めてみたいと考えるのは自然な流れだ。

 長寿化が進むアイドルグループから、年齢を重ねたメンバーが新たな人生を模索して脱退するというのは今後も起こり得る。ジャニーズ事務所が「アイドルは短命」という常識を打ち破ったからこそ、直面した新たな課題。これをどう克服していくのか、そのかじ取りが注目される。(文化社会部・小枝 功一)

スポニチアネックスの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索