井ノ原「特捜9」14.0%で有終

イノッチ主演「特捜9」最終回視聴率14・0% 全話2桁マークで有終の美

イノッチ主演「特捜9」最終回視聴率14・0% 全話2桁マークで有終の美

 V6の井ノ原快彦(42)が主演を務めたテレビ朝日「特捜9(ナイン)」(水曜後9・00)の最終回が13日に放送され、平均視聴率が14・0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが14日、分かった。

 初回の平均視聴率は16・0%の好発進。第2話=15・4%、第3話=14・5%、在宅率が低くなる大型連休中に放送された第4話は13・8%と好調をキープすると、第5話=14・3%、第6話=13・2%、第7話=13・0%、第8話=11・1%、第9話=14・5%と推移して、一度も2桁を割ることなくゴールした。

 昨年3月に亡くなった渡瀬恒彦さん(享年72)が主演した「警視庁捜査一課9係」が、井ノ原主演で「特捜9」に生まれ変わった。羽田美智子(49)吹越満(53)田口浩正(50)津田寛治(52)ら「9係」レギュラー出演者が再集結し、寺尾聰(70)山田裕貴(27)が新加入。井ノ原演じた浅輪直樹は今回から主任に昇格。渡瀬さんが演じた第9係の係長・加納倫太郎の娘・倫子(中越典子)と結婚したという設定も加わった。

 最終回は、高森徹也法務大臣(中原丈雄)が殺害されたという一報が入り、直樹(井ノ原)ら特捜班は現場に急行する。ところが、刺殺されていたのは高森の妻・静江(藤井かほり)で、一同は混乱する。そんな折、直樹と宗方(寺尾聰)は神田川警視総監(里見浩太朗)から呼び出される。神田川は、宗方が5年前に警察を辞めるまで就いていた任務について説明。これまで一切語られることのなかった、宗方の衝撃の過去が明かされる…という展開だった。

今日のニュースまとめ

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

スポニチアネックスの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索