有働アナ 退局を後押しした大竹まことの言葉「“俺が面倒みてやる”って…」

有働アナ 退局を後押しした大竹まことの言葉「“俺が面倒みてやる”って…」

 今年3月にNHKを退局した有働由美子アナウンサー(49)が15日、文化放送「大竹まことゴールデンラジオ」(月〜金曜後1・00)に生出演。退局を決断する際に背中を押した人物の一人が、番組パーソナリティーの大竹まこと(68)だったことを明かした。

 NHK対局後、初の民放ラジオ出演。大竹とパートナーの室井佑月(48)と親交が深く、2人がそろってNHK「あさイチ」にゲスト出演したこともあることから今回の出演が決まったが、この日、大竹が腰痛のため番組を欠席。大竹が電話で出演しての“共演”となった。

 前日の生放送では、腰痛の大竹が寝た状態でゲストを迎えていたこともあり、「きょうは添い寝しようと思っていたのに」と残念がった有働アナ。それでも、電話口で「有働、NHKを辞めてよかったな」と元気が声を聞くと、安心したように「辞めたのは大竹さんのせいですからね。辞めていいのか自信がなかった時に『俺が面倒をみてやる』って。養ってもらえる保証があったから」と話した。

 大竹は「有働が辞めて『管理職です』みたいなこと言ったから『お前バカじゃないか? 今からだろ』って言ったんだよ。これからのお前を楽しみにしてるのに、なんでだよ」と、管理職として後輩を育成していく道に異を唱えたのだという。有働アナは「会えると思って、民放の初鳴きだというのに、いないという…」と憎まれ口を叩きながらも、大竹への感謝の思いを口にしていた。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

スポニチアネックスの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索