フリーアナウンサーの阿部哲子(41)が16日、TOKYO MX「バラいろダンディ」(木曜後9・00)で約1年半ぶりに仕事復帰するとともに、過去の不倫を謝罪した。

 同番組には、前身番組から18年9月まで6年間出演していたため、共演者からは「おかえりなさい」と歓迎されたが、阿部アナは緊張した面持ちで「ぼんやりさせちゃいけないと思うので、ざんげさせていただきたい」と告白。続けて「以前、ご家庭のある方と交際してしまいまして、その方はおととし病気で亡くなられたんですが、私はご家族を傷つけたので謹慎、反省をしようとお仕事はまったくやっていませんでした」と語った。

 阿部アナは体調不良のため、同番組のほかフジテレビ「梅沢富美男のズバッと聞きます!」などの全レギュラー番組を18年9月いっぱいで降板していた。俳優の梅沢富美男(69)は「途中で(阿部が)いなくなって梅ズバ!もなくなってしまった」としながらも、「いろいろありましたけれども、1年半も仕事せずに謹慎していた訳ですから、もういいんじゃないですか」とフォロー。阿部アナは「本当に申し訳ありませんでした」と頭を下げていた。