“女性司会者の草分け的存在”として知られる芳村真理(84)が11日、フリーアナウンサー生島ヒロシ(69)が会長をつとめる「生島企画室」入りした。

 フジテレビ系「夜のヒットスタジオ」やTBS系「料理天国」などの人気番組で司会を務め、「日本の女性タレントで一番最初にミニスカートをはいた」と言われている。デビューしてから60年以上、個人事務所で活動し芸能プロダクションに所属したことがなかったが「生島さんの元気な姿を見て、ご一緒させていただきたいと思いました。私にとって100歳は通過点ですから」と笑顔で語る。

 夫は実業家の大伴昭氏で、日本ポラロイドやカルティエ・ジャパンの社長を歴任したエリート。2007、芳村は夫のビジネス引退を機に代官山から茅ケ崎へ移住。自身も仕事を減らし夫婦2人の時間を楽しむつもりだったが2年後、夫が「家族性アルツハイマー」と告げられる。大伴氏の母親も晩年は認知症だったという。

 その後、18年12月に夫が89歳で亡くなるまで約10年間介護は続いたが、芳村は「最期は穏やかでした。認知症って病気はいろいろなことを忘れていくんですから…。神様のプレゼント。良かったなと思っています」と振り返る。今後はタレント活動に加え講演会、執筆活動を行う。

 ◆芳村 真理(よしむら・まり)1935年(昭年10)4月3日、東京都出身の84歳。東京都立西高等学校卒業後、都内のデパート勤務を経て1950年代後半には人気ファッションモデルとして活躍。60年代には映画「霧ある情事」「黄色いさくらんぼ」「喜劇駅前シリーズ」など約80本の映画に出演したが、その後司会業に転進。「小川宏ショー」「夜のヒットスタジオ」「新春かくし芸大会」(以上、フジテレビ)などの司会者として知られ、「男性がメイン」「女性はアシスタント」という概念を覆す。生島とは「料理天国」(TBS)で共演した。AB型。