シンガー・ソングライターの岡崎体育(30)が11日、大阪市のエディオンアリーナ大阪でライブを行った。

 兵庫県出身で、関西でのアリーナ公演は初めて。この日のために書き下ろした新曲「Enter」などを披露。終演後には観客5500人に謝意を伝えようと、スタンド席をキックボードで1周。岡崎らしい独特な演出でファンを喜ばせた。