お笑いコンビ「爆笑問題」が12日放送のTBSラジオ「JUNK 爆笑問題カーボーイ」(水曜前1・00)で、11日に虚血性心不全のため死去した野村克也氏(享年84)を偲んだ。

 田中裕二(55)は野村氏とTBS系スポーツニュース「S☆1」で5年間共演しており、「あの頃から、ノムさんの足が弱ってきたりして、毎週毎週ボヤキ。“俺はもう死ぬからな”とか」と語るが、「現場で野球の話をしたら変わる。本当にすごい。ほかの野球解説者とか、もっと若いバリバリの人がいても、そういう人たちが気が付かないこと、キャッチャーの構えでミットの角度が下すぎるとか。そういうことをやっているうちは大丈夫だと。野球のことだけ見てたら本当に100歳までも生きられるんじゃないかと思った。野球のことだけやってきた人ではありますけど、それをしていることが健康というか元気の源だった」としみじみ語った。

 田中は過去に目撃した、歴代最多の通算400勝をマークし、昨年10月6日に86歳で亡くなった金田正一氏と野村氏とのエピソードを披露。「(思い出話では)あとはカネやんとの殴り合いね」と話し始めると、太田光(54)が「カネやんとの殴り合い(笑)。俺、それ目撃してないんだ。お前目撃したんだよな」と反応。

 田中が「(金田氏が)“おう、野村!”とパシーンって。カネやんがいきなりノムさんの頬をビンタして…。ノムさんも急にビンタし返して…。何してんだよ、80いくつのジジイがって(笑)」と遣り取りを明かすと、太田は「アッハッハ!猪木かよ」と爆笑。「最高だよなあ。本当に野球選手っていいよなあ」と天国へ旅立った名選手たちの魅力を称えた。