タレントでモデルの谷まりあ(24)が11日放送の日本テレビ「ザ!世界仰天ニュース」(火曜後9・00)に出演。米ニューヨークでアクセサリーを購入した際のハプニングについて語った。

 「パニック経験」についてのトークで、谷は仕事でニューヨークを訪れたことを回顧。「アメリカだとちょっと安く買えるジュエリー屋さんがあって、自分の誕生日に買おうって決めていたものがあった」と話し「シルバーのアクセサリーだったんですけど、ゴールドも同じのがあって、(通常なら)ゴールドはシルバーより倍以上(の値段が)する。それが、日本円だったらシルバーが11万、ゴールドが14万くらい」と、金額にそこまでの差がなかったという。そこで、せっかく購入するならと「『あ、3万くらいしか変わらないんだったら、安いじゃん。買っちゃおう』と、ラッキーと思ってゴールドを買っちゃった」と明かした。

 その後、同じジュエリー店の日本支店に行く機会があり、店員から購入したアクセサリーの値段を聞かれた。「『ちょっと安くなっていて15万くらい』って言ったら、(店員に)『そんなわけないです』って言われて『ゴールドは(金額が)一桁違いますよ』ってなった」。そして、「私、ドルの計算を間違えていて、0を1個、少なく見ちゃってて」とまさかのミスが判明し「14万円くらいだと思っていたら140万…」と明かした。

 認識していた額の10倍で購入していたことにスタジオからは驚きの声が上がったが、MCの笑福亭鶴瓶(68)は「(金額が)分かっていたら買ってないやろ?だから、買えて良かったんよ」とコメント。同じくMCの中居正広(47)も「運だから買って良かったって思った方がいいよね。勘違いが自分へのプレゼントだから」と返していた。