男性7人組「GENERATIONS」の白濱亜嵐(26)と片寄涼太(25)がダブル主演する映画「貴族降臨―PRINCE OF LEGEND―」(3月13日公開)の完成披露試写会が13日、東京・国立代々木競技場第一体育館で行われた。

 白濱が演じる「貴族」風のホストと、片寄演じる伝説の「王子」との闘いが描かれる作品。フェンシングで戦うシーンが見どころで、白濱は「撮影に2日かかった。カット割りも細かくて大変だった。あれほど紳士でクールなスポーツはない」と振り返った。

 全日本選手権で4回の優勝を誇る藤野大樹選手に指導を受け、白濱は跳び上がっての突きなど、アクロバットな攻撃も繰り出した。撮影以外で3ポイントマッチで試合をしてみたところ白濱の勝ち。片寄は「(踏み出す)右足がパンパンになって10分も戦えないぐらいキツかった」と感想。「今年は五輪イヤーなので、フェンシングを盛り上げることができれば」と、東京五輪での日本代表の活躍に期待した。