◇2019年(第74回)毎日映画コンクール表彰式(2020年2月13日)

 「半世界」で脚本賞を受賞した阪本順治監督(61)は「3年前におふくろが亡くなって遺品整理をしていたら、タンスの中から毎日映画コンクールの(受賞者が着ける)リボンが出てきた」とエピソードを披露。「顔」で大賞を獲得した20年前のもので、「感慨深いですね」としみじみ語った。