ロックバンド「LUNA SEA」は13日、同バンドの作品を多く手掛けた映像ディレクターの大坪草次郎さんが1月28日に亡くなったことを公式サイトで報告した。

 「メンバーからのご報告」とのタイトルでコメントを発表。「LUNA SEAとは大変縁の深い映像ディレクターの大坪草次郎氏が、1月28日ご逝去されました」と報告した。

 大坪氏が手掛けた作品として、初の渋谷公会堂公演の「IMAGE or REAL」初の武道館公演の「Sin After Sin」、初の東京ドーム公演の「LUNATIC TOKYO」、初の横浜スタジアム公演の模様をメインにした「REW」、またMusic Videoは「BELIEVE」「IN MY DREAM (WITH SHIVER)」「ROSIER」「TRUE BLUE」「MOTHER」「DESIER」「END OF SORROW」「IN SILENCE」「STORM」「SHINE」「I for You」を挙げ、「ちなみに、『ROSIER』は1994年の第36回日本レコード大賞ミュージックビデオ賞を受賞しています」と付け加えた。

 また「2007年の『GOD BLESS YOU 〜One Night Dejavu〜』、2010年”REBOOT”の『3D IN LOS ANGELES』『20th ANNIVERSARY WORLD TOUR REBOOT -to the New Moon-』『LUNACY 黒服限定GIG 〜the Holy Night〜』等の多くの映像に関するディレクターとして、LUNA SEAに多大なるご尽力を賜りました」と続けた。

 「大坪草次郎氏のご逝去の報に接し、心よりお悔やみ申しあげますと共に、ここに謹んで哀悼の意を表します」とコメントを締めくくった。