お笑いコンビ「アンガールズ」の田中卓志(44)が14日、フジテレビ系「バイキング」(月〜金曜前11・55)で、覚せい剤取締法違反容疑で逮捕されたシンガー・ソングライター槇原敬之容疑者(50)について「残念で仕方ない」と語った。

 ソングライターとしても「名曲が多いし、普通に生活していたら耳に入ってくる曲が多いんで、その曲を聞くたびにこの事件がよぎるのも嫌だし…」とコメント。

 99年に同じ容疑で逮捕、起訴され有罪判決を受けたことを振り返り「一回目の事件があった時にセカンドチャンスをくれる周りの方がいたからこその今があった訳。セカンドチャンスをあげる方も、(再犯の)リスクもあって、くれるのに。それがこういう形で裏切られたのはちょっと残念で仕方ないですね」と述べた。