覚醒剤と危険ドラッグを所持した疑いで、歌手の槇原敬之(本名・範之)容疑者(50)が13日に警視庁に逮捕されたことを受け、14日の各ワイドショーで大物ミュージシャンの2度目の逮捕について大きく取り上げた。

 認知神経科学者の中野信子氏がテレビ朝日「大下容子ワイド!スクランブル」(月〜金曜前10・25)にコメンテーターとして出演。「(1度目の逮捕で)反省はなさっていたと思う、当然。本人こそ、悔しい思いだろうと」とコメント。「乗っ取られた状態になっちゃうんですよね、薬に。乗っ取られる状態を作った人を断罪してほしい」と続け、「こんなめったにない才能をどうしてこんなふうにしてしまったの?と文句を言いたい人がいっぱいいると思う」と話した。