「第52回ミス日本コンテスト2020」(スポーツニッポン新聞社後援)でミス日本ミススポーツに輝いた慶大3年の田中絵梨果さん(22)が14日、東京・霞が関のスポーツ庁で同庁の鈴木大地長官(52)を表敬訪問した。

 米国などでの海外生活が長く、5歳から17年間サッカーをしていたスポーツウーマン。大学では交換留学先のイタリアで漕艇(そうてい)競技ドラゴンボートに挑戦し、世界大会優勝を果たすなど筋金入りの体育会系だ。

 「マイナースポーツの魅力を発信していきたい」と大きな夢を語ると、バレンタインデーにちなみ米ニューヨークで購入したチョコレートを手渡した。受け取った鈴木長官は「さまざまな活動をされており、これからいろいろな世界が開けていますね」と期待していた。