「ピンク・レディー」の増田恵子(62)が、21日放送の日本テレビ「有吉大反省会2時間スペシャル」(土曜後9・00)に出演。“ありえない”状態でコンサート開催に踏み切ったことを明かす場面があった。

 全盛期のころ、あまりにも過密なスケジュールのためテレビ局の階段で倒れたという増田。すぐさま病院に担ぎ込まれると「腹膜炎」と診断された。10日後に日本武道館でコンサートを控えていたため「手術は延期してください」と懇願するも、医師からは「無理です!今すぐ手術しないと!」と言われ従うしかなかったという。

 ただ医師の予想を反し、尋常ではない量の膿(うみ)が腹部にたまっていたため腹部を閉じることが出来ず「お腹が10センチくらい開いたまま」の状態だった。しかも2週間の入院が必要のところ1週間で強行退院。リハーサルを経て、そのまま武道館での本番を迎えることになった。

 おなかは開いたままだったそうで「ラップを巻いて本番を迎えた」とまさかの対処。「無事2時間のコンサートを終えました」といい「ファンの方が待ってくれているから当然でした」と壮絶な経験を振り返った。それを受け、MCの有吉弘行(45)は「聞いたか日向坂46!アイドルはおなか開けて血膿出しながらやるんだ!」と語ったが、増田は「今は時代が違うので…」とフォローしていた。