漫画家でイラストレーターのきくちゆうきさんがSNSで毎日更新して話題となった漫画「100日後に死ぬワニ」の最終回が投稿されて一夜明けた21日、グッズを扱う各地の店舗に長い列ができた。

 東京・渋谷ロフトは「追悼」と銘打ったセールを行い、キーホルダーやTシャツなどのワニグッズを手に取る人があふれた。午前中で整理券の配布が終了するほどの人気となった。

 一方、最終回直後にアニメ映画化やグッズ化が告知されるなど急展開したため、ネットでは広告大手電通が関わっているとの臆測が広がった。これに対し、漫画とのコラボ動画やテーマ曲を公開していた「いきものがかり」水野良樹(37)は、きくちさんとともにツイッターで動画を配信。「電通さんは絡んでいない」と否定。きくちさんは「盛り上げてくれて、僕には感謝しかない」とした。