元NMB48のメンバーでタレントの三秋里歩(25)が23日、自身のツイッターを更新。現役の医師でお笑い芸人、しゅんしゅんクリニックP(36)と婚約したことを発表した。2人はともに吉本坂46のメンバー。

 三秋は「ご報告」と記した投稿に、直筆の文書を掲載。「この度私たち しゅんしゅんクリニックPと三秋里歩は婚約いたしましたことをご報告させていただきます」と発表し、「これからは家族としてお互いを支え合いより一層仕事に精進し共に大切な時を歩んでいきたいと思っております」と、2人の連名でつづった。

 また、連続投稿では「いつも応援してくださるみなさまへ」と呼び掛け、掲載した文書で「この度、しゅんしゅんクリニックPさんとの婚約を発表させていただきました」と、あらためて報告。「そして3月31日をもって約10年間お世話になった事務所を退所させていただくことになりました」とも伝えた。

 続けて「突然の報告でみなさまを驚かせてしまいすみません。16歳でNMBに加入してデビューさせていただき右も左も上も下も分からない私はみなさまの応援を頼りに今日まで走り続けてきました。お化け屋敷から出られなかったり、バンジージャンプ飛べなかったり、アイドルを卒業したのにまたアイドルになったり…」と、これまでの芸能活動を回顧。「破天荒な私を応援し続けてくださったみなさまには本当に感謝の気持ちでいっぱいです。また握手会で直接みなさまとお話しできるのを楽しみにしています」と締めくくった。

 なお、延期となっている吉本坂の個別握手会には参加する予定で「日程については吉本坂46からの発表をお待ちください」としている。