歌舞伎俳優の市川染五郎(14)が23日、アニメーション映画「サイダーのように言葉が湧き上がる」(イシグロキョウヘイ監督、5月15日公開)の完成披露報告会に出席。コンプレックスについて聞かれると「とにかくありすぎて…」と苦笑いを浮かべ、「歌舞伎は特に、舞踊の作品をやる上で足が長いと腰が落ちて見えないので、そこがコンプレックスですね」と明かした。

 同作で初声優に挑戦している染五郎だが、自分の声も「嫌い」という。しかし、共演した女優の杉咲花(22)は「本番が始まると、収録とは違う聞いたことない声が聞こえた。染五郎くんは豊かで、毎回全然ちがう表現されていた。勉強になったし、素敵だなって」と絶賛していた。

 染五郎が演じた人とコミュニケーションをとるのが苦手な少年・チェリーと、杉咲演じるコンプレックスを隠す少女・スマイルの出会いを描く本作。染五郎のキャスティングについてイシグロ監督は、三谷幸喜氏が手掛けた新作歌舞伎がきっかけだったと振り返り、声を聞いた瞬間「そこにチェリーがいたと思えた」。染五郎は「三谷さんの歌舞伎は自分の中で大切な舞台。それを観てこうやって違う挑戦に連鎖して繋がっていくのはうれしいこと」と抜てきを喜んだ。

 初めてのアフレコは不安でいっぱいだったが、「その不安を乗り越えてきちんとこの作品が完成して、お客様にどんな反応いただけるのかが一番楽しみ」。また、父の松本幸四郎(47)は、一足早く試写会で鑑賞したようで「よかったよって言ってくれた。監督が色々教えてくれたのがわかったって。母は泣いてって言っていました」と語った。