俳優の坂上忍(52)が24日、フジテレビ系「バイキング」(月〜金曜前11・55)に出演。東京五輪の開催時期について元JOC参事の「オリンピック憲章」を守るべきとの発言に「歴史だなんだ!って必要なの?」と厳しい言葉をぶつけた。

 新型コロナウイルスの世界的な感染拡大を受け、国際オリンピック委員会(IOC)は22日に臨時理事会を開き、開催延期を含めて日本側と検討に入り、4週間以内に結論を出す新方針を決定。延期時期については、2カ月、1年、2年とさまざまな案が出ている。

 スポーツコンサルタントで元日本オリンピック委員会(JOC)参事の春日良一氏は「オリンピックの理念と歴史を踏襲しないといけない部分がある。オリンピアードは4年に1回。ずっと守ってきてますから、2020年にオリンピックがないと、それはオリンピックじゃない。そこで妥協するとしたら、2022年は冬季五輪をやるから、そこは譲れるんじゃないかと。同年開催すればいいんですね。歴史も守れる。(北京との同年開催には)日中友好にも協力できる」と2022年開催案を訴えた。

 この言葉に、坂上は「こういう状況でオリンピアードとかうんちゃらかんちゃら言われてもそれ大事?」と疑問符。「一般人からすると、歴史だなんだ!って必要なの?(ってなる)オリンピックやったらオリンピックだもんね。今さら、オリンピックって金のイメージが強くなっちゃったから」と応じた。

 タレントのミッツ・マングローブ(44)も「1年だろうと、2年だろうと関係ない」と発言。フリーアナウンサーの高橋真麻(38)は「最初に春日さんが言ってるのを見ていた時、何を言ってるんだろうって思ってたんですけど、こうなったら、ビジネス化してるとか、他の大会とどう違うの?って(なって)、オリンピック憲章守らないとそのブランディングと、権威を守れないなと思うと、逆に、春日さんが言ってることに納得できるようになった」と意見を示した。

 春日氏は「4年に1度だからアスリートはそこを目指す。それがずれちゃったら、アスリートのことを考えてもいけない。ここで崩すと全部ズレてきちゃう」と再度訴え。これに、坂上は「いろんな意見がありすぎて、これ、決められないわ」ともらしていた。