女優の米倉涼子(44)がデビューから27年に渡って所属した所属事務所オスカープロモーションを今月31日付で円満退社し、独立することがわかった。24日、同事務所が発表した。米倉は「右も左もわからない新人の頃から私を育てていただき、お仕事の機会を与えて下さり、ご指導を頂いたことに深く感謝いたしております」とコメントしている。

 同事務所の古賀誠一社長は「これまで事務所に信頼を置き、成長してくれた米倉涼子を誇りに思うと同時に、今後更なる飛躍を心より願っております」とのコメントを発表した。

 米倉は1992年8月から同事務所モデル部に所属してモデルとして活躍後、99年6月30日に「女優宣言お披露目デビュー発表会」を行って女優デビュー。2012年にスタートしたテレビ朝日「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」シリーズは高視聴率を記録し、当たり役となった。

 米倉のコメント全文は以下の通り。

 私、米倉涼子は1992年より、27年間お世話になりましたオスカープロモーションとの所属契約を、2020年3月31日をもって終了することをご報告いたします。

 右も左もわからない新人の頃から私を育てていただき、お仕事の機会を与えて下さり、ご指導を頂いたことに深く感謝いたしております。

 なにより、今まで応援して頂いたファンの皆様、支えて下さった関係者の皆様には心より感謝申し上げます。

 これから、自分らしく頑張っていきますので、引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

 なお、新しい活動については、近日中にご報告させていただきます。

2020年3月吉日

米倉涼子