タレントのみのもんた(75)が25日、TOKYO MX「バラいろダンディ」(月〜金曜後9・00)に生出演。一部で報道されたユーチューバー転身を否定するとともに「引退は引退でしょうね、レギュラーからの」と発言した。

 2007年から司会を務めてきた日本テレビ系「秘密のケンミンSHOW」(木曜後9・00)を26日放送回で勇退し、レギュラー番組ゼロとなるみの。“バラダン”初登場で今後のユーチューバー転身を報じた一部報道について聞かれると「うそですよ」とあきれたように答えた。

 「ケンミンSHOW」降板の理由については「理由は簡単ですよね」と一言。「えーと…。なんだっけ、彼女…」と名前を度忘れし、スタジオ共演者たちから「久本さん」と久本雅美(61)の名前を教えてもらうと「あっ!久本くん!…トシだな」と愚痴ってから「久本くんがいて。一人でもう全部できるわけでしょ?僕がいてもいなくてもいい。でも、誰かいないといけないなって。誰かなっていったらもう少し若いのってんで田中くん」と後任が「爆笑問題」田中裕二(55)に決まった経緯を明かした。

 田中については「一番いいと思う」と信頼を寄せ、「相棒のなんてったっけ?」と再び助けを求め「太田さん」と相方・太田光(54)の名前を教えてもらうと「太田くんより田中くんの方が嫌味がない。これ、大事ですよ。あとは久本くんがガンガンやればいいんだから。ちょうどいい頃合いじゃないかなと思ってね」とし「あしたなんですよ(自身出演の)最終回。あした面白いんですよ」と予告した。

 そして、番組MCの垣花正アナウンサー(48)から「みのさん、引退説は完全否定でいいってことですね?」と念を押されると「どういうのを引退っていうんだろ」とみの。「引退は引退でしょうね、レギュラーからの」と話していた。