元衆議院議員の豊田真由子氏(45)が26日、フジテレビ系「バイキング」(月〜金曜前11・55)に出演。東京都の小池百合子知事は25日夜、都庁で緊急記者会見を開き、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、今週末は不要不急の外出を避けるよう要請したことに言及した。

 25日に新たに41人の感染者が確認されたことを受けた措置で、小池知事は平日はできるだけ自宅で仕事を行い、夜間も外出を控えるよう求めた。「オーバーシュート(爆発的患者急増)を防ぐ重大局面」と強調し、危機意識を持つよう呼び掛けた。東京での外出自粛要請は初めてとなった。

 厚労省時代の09年に新型インフルエンザに対処した経験があり、新型コロナウイルスに関する専門家として3度目の出演となった豊田氏は「今、自粛ムードで疲れと緩みで、いろんな油断が出てる時期」と言い、「3連休で感染していたら、これから10日後とか2週間後に出てくる」と指摘。そして「小池さんが“感染爆発”っておっしゃるので、みんな不安になっちゃってると思うんですが、あれはあくまでも感染爆発にならないように今が頑張り時だ、ということで、現状をしっかり認識したうえで個人も社会もできることをもう1回、きちっとやっていく、そういう警告だと思っている」と話した。