テレビ東京は26日、小孫茂社長の定例会見で、新型コロナウイルスの影響で、バラエティー「YOUは何しに日本へ?」(月曜後6・25)も内容を変更してでも放送を継続する考えを示した。

 高野学総合編成局長は、「訪日される外国人は激減しております。ロケもやっているんですけども、なかなか“撮れ高”は…撮れない状況はあります」と撮影が進まない状況を説明。

 また、「世界!ニッポン行きたい人応援団」(月曜後8・00)についても、「外国人の方が来日していただいて日本の文化、その他を研修されて学んでいく番組。そもそも渡航制限と、本人の希望とかもありまして来日できない取材対象者が増えている状況」と明かした。

 その上で「少なからず番組制作においては制限がかかってきている。そんな中でも多くの視聴者の皆様に支えられている番組ですし、番組ファンの方の期待を裏切らないようにこの状況下でも何が出来るかを考えて、ちょっと違う企画をしながら、番組のファンを裏切らないような形で放送を継続させていただければ」と方向性を示した。

 現状として海外ロケは行っていないという。

 一方、「世界ナゼそこに?日本人〜知られざる波瀾万丈伝〜」については、4月から新番組「ナゼそこ?」(木曜後9・00)としてリニューアル。「海外に住んでいる日本人を対象にする訳ではなく、日本の秘境に住んでいる方に焦点を当てる。今の(世界的)状況が続くことによって、番組が継続できなくなることはございません」とした。