インターネット衣料品通販大手ZOZO(ゾゾ)創業者の前澤友作氏(44)のツイッターのフォロワー数が700万人を突破した。

 前澤氏はこの日午後6時7分に「【ご報告】フォロワー様が先ほど700万人を超えました!!皆さま本当にありがとうございます 早速ですが、約束通りお金配りします。詳細少々お待ちください!」とつづり、“その瞬間”を動画で公開した。

 この日は午前中から「700万フォロワー突破したら。どちらがいいですか?」」として「100人に100万円配る」「1000人に10万円配る」などのアンケートを実施。“その時”に備えていた。

 前澤氏は22日に「フォロワーが700万人を超えたら直ちにお金配りします」と新企画を告知。「【お金配り予告】フォロワーが700万人を超えたら直ちにお金配りします。ご家族ご友人お誘い合わせの上、運試しに前澤のフォローはいかがですか?ご協力よろしくお願いします」と投稿していた。

 今回の告知前には、“お金配り”を行う理由について「お金を配るといろんな声が集まる。フォロワーも増える。それは起業家にとって事業作りのヒントやチャンスになる。みんなが喜ぶ事業を作ればまた儲かる。儲かったらまた配る。誰も損しない究極のエコシステム。さあ次のお金ばらまきはいつにしよう」と持論をつづっており、その時のフォロワー数は683・1万人だった。

 前澤氏は2019年1月にお年玉企画で100人に100万円(1億円)、20年1月のお年玉企画で1000人に100万円(10億円)、同月に追加お年玉で100人に100万円(1億円)、今年5月にひとり親応援基金で1万人に10万円(10億円)、6月にカップル応援基金で100人に100万円(1億円)と、これまで「計23億円」と報告している。