女優の古村比呂(54)が27日、自身のブログを更新。2012年1月に見つかった子宮頸(けい)がんから、一時は全身に転移していたことを明かした。

 「奇跡的とは」のタイトルでブログを更新。三男を伴って病院の定期健診を受けたことを報告し、医師との会話形式で「驚くべき順調です。奇跡に近いです。学会で発表しても良いくらいです」と言われたことを明かした。

 「えっそうだったんですか!?」と聞き返した古村に対して、医師は「そうですよ。当初転移していたのは両肺に数ミリ一か所ずつ 左右の腸骨リンパ節 左鎖骨上窩リンパ節 大動脈に陰影増大と、全身にがんが回っている状態でしたから」と返答。古村は「あ〜そうでした。ありがとうございます」と返したそうで「実は転移した箇所はこれまで怖くて言えませんでした」と明かした。

 そして、帰り際に古村が三男へ「私 結構やばかったんだね」と声をかけると、三男は「当たり前だろ」と返してきたそうで「奇跡って言われて ビックリしちゃった」と母子の会話を明かした。ブログは「もちろん 油断禁物ですが検査結果はオッケー。今日はホッとしました」と結ばれている。

 古村は2012年1月に子宮頸(けい)がんが分かり、3月に子宮を全摘。2017年3月に再発、11月に再々発し、抗がん剤治療を受け、昨年2月には抗がん剤治療休止を発表していた。