タレントの松居直美(52)が27日、自身のブログを更新。13歳になる保護猫「ハナちゃん」を家族に迎えたことを報告した。

 「ハナちゃんの長い1日」のタイトルでエントリー。「ハナちゃんは13歳の女の子の猫ちゃんです」と書き出すと、ハナちゃんを育てていたおばあちゃんが昨夏に亡くなったこと、おばあちゃんが亡くなる前に近所の人にエサやりをお願いしていたこと、近所の人がこれ以上エサやりができなくなったことなどをつづり「なのでハナちゃんは保護されて、お家を探す事になりました。病院へ行って検査をして、先生方がびっくりするほどおとなしくシャンプーをして そんなハナちゃんが、家に来てくれました」と経緯をつづった。

 松居は長年一緒に暮らしていた愛犬「豆」が天国へ行ってしまったことを昨年7月27日のブログで報告。その後は大きなペットロスに襲われ、テレビ番組で涙ぐむこともあった。「1年前におばあちゃんとお別れしたハナちゃんと1年前に豆とお別れしたおばちゃんが、この度、一緒に暮らすことになりました」とブログを締めくくった松居。読者からは「13歳のハナちゃんを家族にむかえたことに涙がとまりませんでした」「おばあちゃん 豆ちゃん 見守ってくれていますね」「最後の3行で、思わず涙が出ました」「豆ちゃんもお空で喜んでくれているでしょう」と松居の決断を支持し、応援するコメントが相次いでいる。