お笑いコンビ「おぎやはぎ」の矢作兼(48)が27日放送のTBS系「人生最高レストラン」(土曜後11・30)に出演。タレント・タモリ(74)のエピソードを披露した。

 タモリと番組で共演した際、行きつけのそば屋が一緒であることが判明。その後、タモリから「行くか?」と誘われ、そば屋でサシ飲みをすることになったという。「あんだけそばがおいしいって話で盛り上がってたのに、タモリさんそば食べないんですよ。飲んだらご飯食べない。骨せんべいを食べてて『おれ食わねえから』って」と思い出を振り返り「あれが最初で最後のサシ飲み」と明かした。

 親交を深めることができた矢作はある日、タモリに「アングラ芸人」というイメージを抱いていたことから「なんでタモリさんみたいなタイプの芸人が、今やお昼の顔になってるんですか?」と質問したという。すると、タモリは一言「マネジャーのおかげ」。

 この言葉に共演者の「極楽とんぼ」の加藤浩次(51)は「ちょっと待って…それ言えるか?すごいよ。自分のことじゃないもんね」と感嘆すると、 タレントのYOU(55)も「良いことはそうなんだろうね。悪いときは『僕が』って言うんだろうね。超かっこいい。そんなこと言える男ほかにいなくない?芸能界には皆無だよね」と、うなっていた。