タレントの中居正広(47)が27日、パーソナリティーを務めるニッポン放送「中居正広 ON&ON AIR」(土曜後11・00)に出演。2016年に覚醒剤取締法違反などの罪で有罪判決を受け、15日に執行猶予期間が満了した元プロ野球選手の清原和博氏(52)に再び熱いエールを送った。

 中居は番組MCを務めるテレビ朝日「中居正広のニュースな会」(土曜正午)の20日放送回で清原氏から15日に発売されたばかりの著書「薬物依存症」を人づてにプレゼントされたことを明かし「頑張れ頑張れ清原です」とエールを送っていたが、この日はステイホーム中に本を何冊読んだかを問うリスナーからの質問に答える形で清原氏にプレゼントされた本を読んだと改めて報告。

 5歳違いながら同じ8月18日生まれの清原氏を「清原選手」「キヨさん」と呼びつつ「現場で会ったりだとか、ゲストで野球関連で来てもらった時とかお話ししますけど、プライベートで飯食いに行ったとか全然なくて、一度も」とまずはその関係性を説明した。その上で「ちっちゃいころから見てたスーパースターですから。その人から。いや、びっくりしたなあ」と憧れの人から届いた突然のプレゼントを喜び、清原氏の以前の著書「告白」は自分で購入したこと、一日で読破したことなどを明かした。

 そして「読んでもらえればよく分かると思うけど、ホント頑張れ頑張れ清原だね」と「ニュースな会」の時と同じ表現でエールを送った中居。「もちろん、手を出してしまったことに対して全く1ミリも肯定するつもりじゃないですけども。100悪いこと、100絶対ダメなことを承知の上ですが、ちょっと読み応えありましたねぇ…」としみじみ語り「本当にもう読み終わったら頑張れって…会ってお話しして頑張れ頑張れって言いたいですけども、そういう仲ではないので。頑張れ頑張れ清原、かっ飛ばせ〜清原ですよ」と清原氏に語りかけるような口調でこの話を締めくくった。