インターネット衣料品通販大手ZOZO(ゾゾ)創業者の前澤友作氏(44)のツイッターのフォロワー数が27日に700万人を突破し、記念として「1000人に10万円」の総額1億円をプレゼントした。さらに28日には「800万フォロワー突破でまたお金配りします」と追加の現金配布を行うと発表した。

 前澤氏は「1000人の当選者にDMを送り終えました。改めておめでとうございます!」と10万円当選者への連絡を終えたと報告。続けて「残念ながら外れてしまった皆さまへ」と書き出し「【発表】800万フォロワー突破でまたお金配りします!!爆 このままの勢いでもう一回やりましょう!」と800万人突破の際にも現金配布を行うと太っ腹宣言。「分かりやすく100万フォロワー増えるごとに毎回やりますか?笑フォローはそのままで」と呼びかけた。

 前澤氏は以前、“お金配り”を行う理由について「お金を配るといろんな声が集まる。フォロワーも増える。それは起業家にとって事業作りのヒントやチャンスになる。みんなが喜ぶ事業を作ればまた儲かる。儲かったらまた配る。誰も損しない究極のエコシステム。さあ次のお金ばらまきはいつにしよう」と持論をつづっていた。

 前澤氏は2019年1月にお年玉企画で100人に100万円(1億円)、20年1月のお年玉企画で1000人に100万円(10億円)、同月に追加お年玉で100人に100万円(1億円)、今年5月にひとり親応援基金で1万人に10万円(10億円)、6月にカップル応援基金で100人に100万円(1億円)と、これまで「計23億円」と報告している。