タレントの中居正広(47)が28日、フジテレビ「ワイドナショー」に出演し、ジャニーズ事務所を退所した元NEWSの手越祐也(32)が23日に開いた会見について言及した。

 自身は3月末でジャニーズ事務所を離れる際、2月に退所会見を行った。この内容が高く評価されたことを念頭に、MCの松本人志(56)から「(中居は)会見の有段者ですから。3段だとすれば、手越くんは申し訳ないけど7級くらいだったかな」と紹介された。

 会見の“先輩”として中居は「本質的なことをゆっくり落ち着いて話せばいいんですが、(手越は)火を消すことでいっぱいいっぱいだった」と分析。自身との比較については「状況もタイミングも違いますから。僕と比べたらかわいそう」とし「模範があるわけじゃないから、僕のが成功というわけでもないですし、手越のが正解でもない」とフォローした。

 タレントの開く会見について「何回も積み重ねるものじゃないから一発勝負で、取り返しのつかない場面なんですよ」と説明。「荷が重いと思います」と当時の手越の心境を思いやった上で「つじつまも矛盾も突っ込みどころは満載だった」と指摘した。