女優の二階堂ふみ(25)が29日、自身のインスタグラムで、犬猫の繁殖、販売業に対する「数値規制」について言及、著名人から同調する声が続々と上がっている。

 「数値規制」は悪質な繁殖業者やペットショップへの行政指導を行うため、施設の設備、飼育ゲージのサイズ、従業員1人あたりの上限飼育数など具体的な数値を定めるもの。これに対し二階堂は「我が家のゾイは繁殖犬でした」「ゾイと暮らし始めて、劣悪な環境で生きる子達がより身近な存在になりました」「明日には決まってしまう素案。#数値規制 4枚目の画像は、現在提案されている数値です。身動きも取れません。決まってしまうと次回の改正まで、彼らを苦しめ続けてしまいます」と飼育ゲージの規定に疑問を訴え「皆さんとより良い共存の世界を作りたいです」と呼びかけた。

 これに同調したダレノガレ明美(29)が「二階堂ふみさんのインスタみてください!みなさんで拡散しましょう!」と呼応。人気読者モデルのぺこ(24)も「ただただかわいいという理由だけで、お金儲けのためになど、どうか、わんちゃんや猫ちゃん動物たちみんなが、勝手な人間の都合やわがままによって辛い思いをしませんように。#数値規制 ぜひ見てみてください!できることはきっとあります」と、抗議の声が続出した。