タレントの神田うの(45)が30日、所属事務所「スペースクラフト・エンタテインメント」を退社した。同日夜、自身のインスタグラムで「本日6月30日付けにて退社することになりました」と報告。「今後も自分のペースで個人事務所として活動して参ります」と、他の事務所には属さず独立して活動することを明かした。

 同社には14歳から31年間所属。「社長はモデル時代から芸能界の父として私を育てて下さいました」と感謝の思いをつづった。

 関係者によると、約10年以上、神田を担当していたマネジャーが10日ほど前に退社。栗山千明(35)が3月、有森也実(52)が5月に同社を退社しており、関係者は「所属タレントの相次ぐ退社の影響もあったのでは。事務所は正念場を迎えている」と指摘した。