将棋の第61期王位戦7番勝負が1日、愛知県豊橋市の「ホテルアークリッシュ豊橋」で開幕する。史上最年少で初戴冠を狙う藤井聡太七段(17)が、昨年、史上最高齢で初タイトルを奪った木村一基王位(47)に挑む。

 豊橋市は、NHK連続テレビ小説「エール」で二階堂ふみ(25)演じるヒロインのモデルとなった古関金子さんの出身地。街を挙げて「『エール』のまち!豊橋」をPRしているが、新型コロナ禍で関連イベントは数多く中止となった。1日からは駅ビルで待望のエール展が始まる。同市シティプロモーション課の村山大介課長補佐(45)は「再びドラマを盛り上げようという時と重なった。藤井さんには豊橋名物カレーうどん、ちくわをよければ召し上がっていただいて市をアピールしていただければ」とエールを送った。