歌舞伎俳優の市川海老蔵(42)による公演「古典への誘い」が9月11日から熊本・八千代座ほか全国12カ所で上演されることが1日、同公演公式サイトで発表された。

 5〜7月に予定されていた「十三代目市川團十郎白猿」の襲名披露公演は新型コロナウイルスの影響で延期となっており、約7カ月ぶりの舞台出演となる。

 演目は「寿式三番叟」「男伊達花廓」など。10月29日まで熊本、岡山、広島、静岡、大阪、兵庫、東京、福島、埼玉、岩手、秋田、神奈川で公演を行う。

 各会場では入場時の検温、アルコール消毒設置のほか座席間隔を開けるなど新型コロナ対策を徹底する。